投資ポートフォリオの多様化の7つの主要な利点を無視できない理由

金融や投資に従事している場合、ポートフォリオの多様化について学ぶのは良い考えです。

これは投資家がリスクをコントロールするために使用する方法です。ポートフォリオの多様化について知ることは、その種類や利点を含め、より良い投資選択をするのに役立ちます。

ADVERTISEMENT

この記事では、ポートフォリオの多様化の利点を探って、そのコンセプト、構成要素、種類、および利点を説明します。

ダイバーシフィケーションとは?

ダイバーシフィケーションとは、時間の経過とともに異なる動きをする異なる資産を保有することを意味します。1つの投資やタイプに過度の投資をしないことに関係しています。

株の投資において、多様化されたポートフォリオは、異なる産業で20-30の異なる株を有しています。それには、債券、ファンド、不動産、CD、貯蓄口座も含まれます。

ADVERTISEMENT

各資産タイプは経済の変化に異なる反応を示し、異なる利益と損失を提供します:

  • は高いリターンをもたらす可能性がありますが、不安定です。
  • 債券はより安定したリターンを提供しますが、金利の変化の影響を受けることがあります。
  • ファンドは通常多様化されていますが、特定のセクターに焦点を当てることがあります。
  • 不動産はゆっくりと成長し、収入を提供するかもしれませんが、メンテナンスコストや高い手数料がかかります。
  • CD貯蓄口座は金利に基づいて着実な成長をもたらします。

ポートフォリオにおけるダイバーシフィケーションは、いくつかの資産が成長する一方で、他の資産が安定したまままたは減少する可能性があるため役立ちます。

経時的に、ポートフォリオ内のトップパフォーマーとダイバーシフィケーション戦略は変化する可能性があります。

ADVERTISEMENT

重要なのは、これらの資産が密接に相関していないということです。最近では、主要なオンライン証券会社で手数料ゼロで多様なポートフォリオを所有することがより簡単かつ安価になっています。

投資ポートフォリオを分散させることの重要性

ポートフォリオを分散させることは、戦略に合うかどうかを決定するために重要です。

損失を保証するわけではありませんが、長期目標を達成するための方法です。

分散化は、様々なセクターに投資を分散させることでリスクとリターンをバランスさせます。その利点を確認することで、投資計画の中での位置づけが見えてきます。

ポートフォリオの分散投資の種類

金融目標に基づいて、投資ポートフォリオを分散させる方法はいくつかあります。

これらの方法を活用することで、バランスの取れたポートフォリオを実現するために投資を効果的に分散することができます。

1. 産業の多様化

この戦略は、リスクプロファイルの異なるさまざまな業界にポートフォリオを分散させることを含みます。これにより、ポートフォリオが市場の変動に耐えるのに役立ちます。

テーマ投資は、トップダウン戦略の一部であり、同様のアプローチに従います。

テーマファンドは、インフラや運輸などの関連セクターに焦点を当て、鉄鋼、電力、航空会社などの関連業界に投資しています。

2. 個別企業の多角化

このアプローチは、企業レベルでの投資の多角化に焦点を当てています。これは、特定のニーズや企業の運営を理解するのに役立ちます。

たとえば、企業の主要なリーダーが退任すると、関連するすべての投資に大きな影響を与える可能性があります。

企業を横断して多角化することで、消費者の嗜好、立法、自然災害に関連するリスクを軽減できます。

3. 資産クラスの分散

異なる資産クラスは経済の変化に異なる反応を示します。

投資家は、株式、債券、暗号通貨、貴金属、不動産など、さまざまな資産クラスにポートフォリオを分散させることで、金融リスクを軽減します。

4. 地理的多様化

異なる通貨政策や通貨を持つ異なる国々に投資することは多様な機会とリスクを提供する可能性があります。地理的多様化は、投資を異なる場所に分散させることで、ある地域のリスクの影響を最小限に抑えるのに役立ちます。

5. 代替資産の分散投資

この戦略は、ベンチャーキャピタル、プライベートエクイティ、骨董品、ストレスド証券など、さまざまな資産への投資を含みます。大きな資本を投資する際に一般的に使用されます。

6. 時間枠の多様化

これは、期間によって投資を多様化することを含みます。

長期投資はリスキーですが、より高いリターンを提供します。一方、短期投資はより安全ですが、低いリターンをもたらします。

株式ファンドへの定期的な投資計画(SIP)や、ETFを利用することは、時間枠の多様化を通じた効果的なリスク削減の例です。

7. 戦略の多様化

投資家は、投資ポートフォリオを扱う際にさまざまなアプローチを採用しています。典型的な戦略には次のものがあります:

  • バリューインベスティング:投資家は割安な資産を購入し、低価格を活用します。目標は市場のお買い得品を見つけることで、利益の潜在性があるが現在は過小評価されている企業に焦点を当てます。
  • グロースインベスティング:この戦略は、成長を促進することを目指しており、新興セクターへの投資や、確立された企業に比べてより大きな成長ポテンシャルを持つ新興企業への投資など、より高いリスクを受け入れることを求めます。
  • コントラリアンインベスティング:このアプローチは、現在の市場のセンチメントに逆らう機会を探すことを含みます。

ダイバーシフィケーション戦略の作成

手頃な価格の共同基金やETFの台頭により、十分に多様なポートフォリオを構築することが容易になりました。これらは投資のダイバーシフィケーションの原則を体現しています。

これらの基金は安価だけでなく、一部の大手証券会社では取引コストがゼロという場合も多く、投資を始めるのも簡単です。

シンプルで多角化されたポートフォリオの構築

基本的な多角化されたポートフォリオには、S&P 500インデックスファンド、安定性のための債券、確約されたリターンのためのCD、そして緊急時のための普通預金口座に現金が含まれています。

株式の多様化

基本を超えるために、株式と債券を多様化することができます。

たとえば、新興市場や国際企業に投資するファンドを追加することができます。これらはS&P 500ファンドではカバーされていません。

別の選択肢としては、中小企業に焦点を当てたファンドを選ぶこともできます。これもS&P 500の対象外です。

固定収入の多様化

債券については、より良い収益を得るために短期および中期ファンドを使用します。様々な金利のCDラダーを作成します。

金や銀などの商品を追加して、より多様化します。異なる経済状況で異なるパフォーマンスを発揮する資産を選択します。

ポートフォリオの管理が大変な場合、ファンドロボアドバイザーを検討してください。彼らは多様化されたポートフォリオを作成することができますが、DIYよりもコストがかかるかもしれません。

ポートフォリオの分散化の利点

ポートフォリオの分散化が提供する重要な利点のリストです:

#1. 資本の保全

多様化は、特に退職間近の方や投資ポートフォリオの安定性を求める方にとって資本を保護するのに役立ちます。

異なる資産クラスに投資を分散させることで、安定性を達成し、市場の変動に対して投資を守ることができます。

#2. リスク調整リターンの向上

分散化はポートフォリオのリスク調整リターンを向上させることができ、同じリスクレベルでより高いリターンを得る可能性があります。

これにより、収益が向上する資産と調整が必要な資産を特定し、投資効率を高めるのに役立ちます。

#3. 市場の波乱の緩和

さまざまな産業や資産クラスに投資を分散させることで、ポートフォリオにおける市場の波乱の全体的な影響を軽減することができます。

このアプローチにより、特定のリスクを最小限に抑え、ポートフォリオの再バランスを行うことで市場の変動を活用することができます。

#4. 監視時間の短縮

多様化されたポートフォリオは一般的により安定しており、監視には少ない時間注意が必要です。

これにより投資家はリスクとリターンをより効果的にバランスを取り、他の優先事項に焦点を当てることができます。

#5. 複利の利点

ダイバーシフィケーションにより、市場の下降期中にポートフォリオの描き下ろしを最小限に抑え、一貫した長期的なリターンを確保できます。

この一貫性により、ポートフォリオは時間とともに複利の利益を受けることができます。

#6. 投資目標の達成

多様化は、より柔軟な投資戦略を可能にすることで、さまざまな金融目標の達成をサポートします。

さまざまな資産や産業に資金を割り当てることで、投資目標をよりよく達成できます。

#7. 様々な機会へのアクセス

多様化されたポートフォリオは、幅広い資産、産業、株式にさらされ、異なる投資機会にアクセスできます。

市場が変動する中、分散投資は異なる時期に他のセクターを上回るセクターからメリットを得ることを保証します。

要点

多様化は、リターンを安定させ、可能であれば増やすための明快な戦略です。

ポートフォリオの多様化のレベルを選択でき、それはシンプルな全株式ポートフォリオから、さまざまなリスクと報酬レベルの資産を含むポートフォリオまで幅広いです。

他の言語で読む