配当政策決定に関する重要事項:入門ガイド

配当ポリシーは企業と投資家にとって重要であり、利益が配当としてどのように配分されるかが示されています。

これらのポリシーを理解することは、賢明な投資判断を下し、財務的な期待を管理するのに役立ちます。

ADVERTISEMENT

こちらは、配当ポリシーに関する包括的なガイドであり、その種類、配当ポリシーに影響を与える要因、そしてそれらがどのように機能するかについて説明しています。

ディビデンドポリシーとは何ですか?

ディビデンドポリシーとは、企業が利益をどれだけ、どの頻度で株主へ配当金として支払うかを規定するルールのことです。

企業が利益を上げた場合、それを留保するか、株主へ配当金を支払うかを決定します。これはさまざまな配当理論によって形作られた選択です。

ADVERTISEMENT

株利益とは何ですか?

配当金とは、企業の利益の一部で、株主に与えられるものであり、企業への投資への報酬として与えられます。

企業の経営陣は、利益をすべての利害関係者に満足させるために割り当てる必要がありますが、株主が最もリスクを負っているため、そのニーズが優先されます。

配当金の具体例:

ADVERTISEMENT
  1. 現金配当:これは現金で支払われる配当金で、企業の現金準備を減少させます。
  2. ボーナス株式:これらは株主に無料で提供される追加株式で、通常は現金配当と一緒に提供されるものであり、代替手段ではありません。

配当戦略の種類

企業の配当政策はその価値に影響を与える可能性があります。その政策は企業の目標に合致し、株主の価値を最大化すべきです。

株主は企業を所有していますが、取締役会が利益分配を決定します。

取締役は、配当を決定する際に成長ポテンシャル将来のプロジェクトなどの要素を考慮します。企業は様々な配当政策を選択することができます。

#1. 定期配当戦略

定期的な配当政策では、企業は株主に年次配当を支払います。

余剰利益は留保利益として残し、損失が出ても配当が支払われます。

この政策は、安定したキャッシュフローと収益を持つ企業に適しており、配当と配当政策管理の文脈で低リスクで控えめな配当を提供します。

#2. 安定配当戦略

安定的な配当ポリシーは、年間の利益に関係なく、6%などの固定割合の利益を配当金として支払います。

利益の大きさに関係なく固定配当金が支払われ、利益に応じて配当金額が変動するため、投資家にとってリスクが生じます。

株主は配当収入に不確実性を抱えます。

#3. 不定期配当戦略

不定期配当戦略は、企業が配当を支払う義務がないことを意味します。取締役会は利益を分配するか、再投資するかを選択することができます。

この戦略は、予測不能なキャッシュフローまたは限られた流動性を持つ企業によって使用され、株主に高いリスクをもたらし、配当を受け取らない可能性があります。

#4. 配当なし戦略

配当なし戦略では、企業は株主に配当を支払いません。

代わりに、全利益は将来の成長のためにビジネスに再投資されます。

この戦略に従う企業は通常急速に拡大しており、株主は株価の上昇を期待して投資しています。

配当決定に影響を与える要因

企業の配当決定に影響を与えるいくつかの要因があります:

  1. 収益額:配当は現在および過去の収益から出ています。収益が高いと、より大きな配当が支払われる可能性があり、収益が低いとより小さい配当が支払われる場合があります。
  2. 収益の安定性:一貫した収益を持つ企業は通常、収益の不安定な企業よりも高い配当を提供できることがあります。
  3. 配当の一貫性:一部の企業は、株主を満足させ、自社の評判を高めるために、安定した配当率を目指しています。高い収益の可能性がある場合は、より高い配当が宣言されるかもしれません。一時的または増加していない収益がある場合は、より低いまたは標準的な配当が宣言されるかもしれません。
  4. 成長機会:将来の成長計画を持つ企業は、新規プロジェクトを資金調達するために収益を留保する可能性があり、その結果、これらの企業はそのような計画がない企業と比較してより低い配当を支払うことがあります。
  5. キャッシュフロー:配当支払いはキャッシュアウトフローに関連しています。限られた現金しか持たない利益を上げる企業は、より低い配当を支払うかもしれません。一方、余剰現金を持つ企業はより高い配当を支払うことができます。
  6. 課税政策:配当率は政府の課税政策にも影響を受けることがあります。現在、株主にとって配当収入は非課税ですので、株主はより高い配当を好むかもしれません。ただし、最終的な決定は企業によるものです。
  7. 株価への反応:配当率と株価の関係性が直接に影響します。高い配当は株価にプラスの影響を与える可能性があり、一方、低い配当は株価にマイナスの影響を及ぼすかもしれません。したがって、経営陣は配当率を決定する際に株価への潜在的な影響を考慮すべきです。

配当金の決定は誰が行うのか?

企業の取締役会が配当金を決定します。利益を配当金として配布するか、新しいプロジェクトに再投資するかを選択します。

配当ポリシーには、利益を保持するとともに配当金を支払うというバランスが含まれます。

配当ポリシーの目的は次の通りです:

  • 株主の富を最大化する
  • 十分な資金調達を確保する

配当ポリシーを設定する際、経営陣は株主の収入(配当金)と企業の成長(留保利益)とのバランスを取らなければなりません。

合理的な配当ポリシーのためには、企業は以下の点を考慮すべきです:

  • 債務、設備投資、運転資本などの支出を賄った後の配当金用の利用可能な現金(自己資本FCFE)
  • 収益性の高いプロジェクトの利用可能性(ROE(自己資本利益率)>必要なリターン)

配当ポリシーの仕組み

会社は時々、一般株主に利益からの定期的な支払いである配当で株主に報酬を与えます。

これにより安定した収入が得られ、配当を支払う株は投資家の間で人気があります。

これらの会社にとって配当ポリシーは重要です。次のようなポイントを明確にします:

  • 配当支払いの頻度(月次、四半期ごと、年次)
  • 支払いのタイミング
  • 株主に支払われる金額

経営チームは、現金やDRIPを通じた再投資などの支払いオプションを含む配当要素を決定します。

配当ポリシーには、安定型、一定型、残余型の3種類があります。ポリシーのない会社は利益を成長のために再投資します。

配当政策の種類

配当政策は、企業が利益を株主に配当する方法を決定します。以下に3つの一般的な種類を示します:

安定した配当ポリシー

安定した配当ポリシーは、株主に一貫して予測可能な年次配当金を提供し、企業の収益の変動に影響を受けない、一般的でシンプルなポリシーを目指します。

長期的な成長と一致し、配当金の金額とタイミングにより多くの確実性を提供します。

一定の配当ポリシー

安定した配当ポリシーは繁栄する年に配当を増やすことがないかもしれませんが、一定の配当ポリシーは収益の一定の割合を支払い、配当を不安定にします。

この変動性により、収益と配当の予測不可能性から、財務計画を立てることが難しくなります。

残存配当政策

リシジュアル配当方針は非常に予測不可能ですが、一部の投資家はこれを唯一受け入れ可能な配当方針と考えています。

この方針では、企業は設備投資(CAPEX)や運転資金の資金を割り当てた後に配当を支払います。

最終的な考え

結論として、配当ポリシーの決定は企業の財務戦略と投資家関係において重要です。

それらは、株主へのリターンと企業の成長と安定性をバランスさせます。

異なる種類の配当ポリシーやこれらの決定に影響を与える要因を理解することは、投資家が的確な選択をし、企業が財務パフォーマンスを最適化するのに役立ちます。

他の言語で読む