医療アシスタントのポジション:進歩するために必要なスキルは何ですか?

教育と訓練は医療アシスタントになるために重要ですが、特定のスキルはあなたの成功をさらに高めることができます。

医療アシスタントは、医師の免許のもとでさまざまな医療施設で働いています。医療アシスタントがキャリアで成功し、成長するために重要なスキルは何でしょうか?

ADVERTISEMENT

医療アシスタントが開発を目指すべき主要な臨床、管理、および対人スキルについて探求していきます。

今日の医療アシスタントの業務

医療アシスタントは、臨床業務と管理業務の両方をバランスよくこなすことで、医療現場で欠かせない役割を果たしています。

彼らの責務には以下が含まれます:

ADVERTISEMENT
  • 患者を迎えることや電話応対を管理すること
  • 診察の予約をとること
  • 医療記録を保守すること
  • 保険情報を管理すること
  • 入院や検査サービスの調整をすること
  • 患者とのコミュニケーションを取ること
  • 記録を電子健康記録(EHR)に移すこと
  • 検査のための患者の準備をすること
  • 医療歴を記録すること
  • 血圧などのバイタルサインを測ること
  • 検査のために血液を採取すること
  • 糸を抜くことや包帯を取り替えること
  • 基本的な検査を行うこと
  • 診察中に医師を支援すること
  • 医師の指示に従って注射や薬を投与すること(州法に従う)
  • 薬や食事について患者に教育すること

小規模の医療機関では、医療アシスタントはしばしば臨床業務と管理業務の両方を担当しています。

病院などの大規模施設では、臨床業務または管理業務のいずれかに特化することもあります。

さて、医療アシスタントが役割を果たすために必要なスキルや能力について見てみましょう。

ADVERTISEMENT

臨床スキル

医療アシスタントは患者ケアにおいて重要な役割を果たし、主に医師のオフィス、外来センター、または病院で働いています。

彼らの貢献は医療アシスタントの職務の円滑な運営に不可欠です。

臨床スキルとは、医療プロセス、治療、検査、そして実践的なアプリケーションに関連するスキルを指します。以下は医療アシスタントに必要ないくつかの主要な臨床スキルです。

1. 生命徴候の測定

医療アシスタントの一般的な職務の1つは、患者の生命徴候をチェックすることです。

これには、患者の体温、体重、血圧、脈拍、血糖値、血中酸素レベルを記録することが含まれます。これらは医療アシスタントの求人に欠かせないスキルです。

2. 患者の準備

医療助手は、患者を医師の診察に備える際に重要な役割を果たしています。彼らは部屋の準備をし、機器が準備完了であることを確認し、各訪問後に部屋を清潔に消毒します。

また、彼らは患者と話し、生命徴候を測定し、情報を共有し、患者の詳細を医師に伝えます。

診察中には、医師をサポートし、基本的なテストを実施し、注射を行い、医師の指示を患者に提供することもあります。

3. Phlebotomy

採血(フレボトミー)は、通常、穿刺法を使用して患者から血液を採取することを指します。

医療アシスタントの中には、ヘルスケア管理の仕事を行う者もいますが、その中には医療アシスタント認定のほかに採血技術(フレボトミー)の資格を持っている人もいます。

採取された血液は、患者の健康状態についてさらに詳しく知るための診断テストに使用されます。

4. 医学用語

医療従事者は医療補助職で効果的にコミュニケーションを取るために専門の医学用語を使用します。

医療従事者はチームと効果的にコミュニケーションを取るために 共通の医学用語 と言語を知る必要があります。

この語彙は信頼できる医療アシスタント養成プログラムで教えられます。

5. 基本的な医療手順の理解

医療アシスタントは、基本的な医療手順、解剖学、用語、および応急手当を知っている必要があります。

血液を採取したり、ワクチンや注射を行ったり、創傷を処置したり、検体を採取したり、または医師が患者の診察をする際に補助したりすることがあります。

6. 心肺蘇生法(CPR)

医療事務助手のような医療従事者は、緊急時のような命を救う技術、例えば心肺蘇生法(CPR)の訓練を受けるべきです。

CPRは、誰かの心臓が停止した場合に使用されます。まれですが、この知識は命を救うことができます。

7. 心電図(EKG)

心電図は心臓の電気信号をモニターし記録します。病院で行われることが多く、時にはクリニックでも行われます。

心電図技師や医療アシスタントがこの検査を実施することがあります。心電図は異常なリズム、閉塞した動脈、またはペースメーカーの問題など、心臓の問題を検出するのに役立ちます。

8. 注射の行い方

クリニックでは、医療アシスタントはしばしば、予防接種や処方された薬などの注射を行います。

9. 安全および衛生プロトコル

医療業界においては、清潔な環境を保つことが非常に重要です。

医療助手はこの取り組みにおいて鍵を握っており、機器が滅菌され、患者の安全プロトコルが遵守されていることを確認しています。

医療事務のスキル

医療アシスタントの重要な側面には、管理業務が含まれています。

これらのスキルは、医療ケアのスムーズな提供を確保するために、情報の記録処理、および整理をカバーしています。

以下に、医療アシスタントに必要な一般的な管理スキルが挙げられています。

1. スケジューリング

医療アシスタントは、患者のフォローアップ診療や予約のスケジューリング、医師の予定調整をよく担当します。

患者の診療がタイムリーに手配されることは、患者の健康と医師のオフィスの効率にとって重要です。

2. アポイントメント設定

医療アシスタントは、患者のフォローアップ予約の調整、新規患者のアポイントメント設定、および医務室の適切なペースの維持という重要な役割を果たします。

3. 電子カルテ(EMR)

EMRは、安全なデジタルシステムに保存された公式の患者記録です。

医療では標準となっており、患者情報、健康履歴、検査結果、医師のメモなどに素早くアクセスできます。

EMRは医療機関間で患者情報を共有することを容易にします。医療アシスタントにとってEMRシステムに精通することは不可欠です。

4. 医療コーディング

医療コーディングとは、患者の診療内容(疾患、治療、実施した検査など)を記録する標準化された形式です。

このコード化された情報は電子カルテの一部となり、保険目的に使用されます。

正確な転記が重要であり、医療請求や保険請求に影響を与えます。医療アシスタントは、一部の医療機関で医療コーディングに責任を持つことがあります。

5. マルチタスク/時間管理

医療アシスタントは毎日複数のタスクを効率的に管理する必要があります。時間管理は患者の予約に遅れが生じないようにするために重要です。

効果的なマルチタスクには、予約のスケジュール管理や医療記録の更新などの事務および事務作業の完了が含まれます。

6.コンピューターを活用した医療スキル

医療助手は、患者の予約をスケジュールする、電子健康記録を管理する、保険請求を提出するなど、さまざまな作業でコンピュータを使用します。

コンピュータ技術への適応力は、日常業務において極めて重要です。

7. 電話のエチケット

医療従事者にとって、完璧な電話のエチケットは患者からの電話を管理し、効果的にコミュニケーションを取るために不可欠です。

医療アシスタントはストレスの多い電話をプロフェッショナリズムを持って対応し、必要な情報を収集する必要があります。

8. 組織された状態を保つ 

医療助手にとって、臨床ケア、予約のスケジュール管理、医療記録の入力、患者のチェックイン、診察室の在庫管理など、さまざまなタスクをバランス良くこなすことが重要です。 

組織された状態を保つことはストレスを軽減し、円滑な運営を確保します。

9. 注意点: 細部への注意

細部への注意は医療アシスタントにとって重要です。

正確な医療記録の入力や患者訪問の文書化は、将来の訪問で適切なケアを確保します。

医療アシスタントのスキルを獲得する方法

医療アシスタントのスキルを得るには、公認されたトレーニングプログラムに登録してください。州ごとに規制が異なり、いくつかは認定を求めています。

認定要件

アイダホ州、ワシントン州、コネチカット州、ニュージャージー州など、認定は義務付けられています。

他の地域では、認定プログラムを通じたトレーニングもしくは医師の監督下での実務経験が必要となります。

雇用主の嗜好

ほとんどの雇用主は、修了した訓練を受けた認定アシスタントを雇うことを好む傾向があります。雇用主は、即戦力のアシスタントを求めるため、職場での訓練は一般的ではありません。

要点

医療助手として成功するためには、臨床、事務、対人スキルを磨くことに集中してください。

認定資格を取得し、この重要な医療の役割で進歩するために学び続けてください。

あなたの献身と多様な能力は、患者ケアとキャリアの進展に大きな影響を与える可能性があります。

他の言語で読む